3Dテレビ徹底ガイド
3Dテレビの疑問を徹底ガイド。ソニー、パナソニック、シャープのメーカー別情報など。
TOP > 3Dテレビの基本情報 >

3Dテレビの注意点

3D対応のブルーレイレコーダー&ソフトが必要
3Dテレビなら全ての映像が立体的に見えるわけではありません。3D対応ブルーレイレコーダーで、3D対応ブルーレイディスクを再生する必要があります。そのうち地デジでも3D対応映像が配信されるかもしれませんが、しばらくの間はこの2つ(3D対応レコーダーとソフト)が必須です。ただし、プレステ3を持っている方はオンラインアップデートのみで3D対応レコーダーになります。

3Dメガネを着けないと見ることができない
3Dテレビは3Dメガネを着けていないと立体映像を見ることができません。つまり、同時に見る人数分の3Dメガネ(1個8,000〜20,000円程度)が必要になります。ただし、通常の2D映像を見る場合は3Dメガネを着ける必要はありません。

普段からメガネを着用している人にはツライ
視力のよい人、コンタクトの人は問題ありませんが、普段からメガネを着用している人は、メガネの上に3Dメガネを着用しなければいけません。

寝ながら3D映像は見れない
3D映像はメガネを水平にした状態で見ることを前提に作られているので、寝ながらでは立体的(3D)に見ることはできません。この条件を多くの人が致命的な欠点としてあげていますが、個人的には「映画を観るときぐらいは、座って集中して観たい」ので問題ありません。

暗い&ブレる(?)
3Dテレビは3Dメガネの左右シャッターを高速で開閉するため「暗い」「ブレる」という問題点がありましたが、現状では各社が「液晶ではなく反応速度と輝度の高いプラズマを使う」「4倍速液晶テレビを使う」「LEDや4原色技術で明るさを向上」といった対策を施しているので、日本の大手メーカーが発売しているものであれば問題ありません。

[ ← 3Dテレビの原理・仕組み ] [ 3Dテレビの価格 → ]

3Dテレビの基本情報
メーカー別の3Dテレビ製品情報
3D対応レコーダー&ソフト
3Dテレビの感想・体験談
3DテレビのFAQ
3Dテレビ 人気ランキング ベスト3
1位
40型・0円
3D BRAVIA KDL-40HX720 | ソニー(SONY)
2位
40型・0円
3D BRAVIA KDL-40EX720 | ソニー(SONY)
3位
32型・0円
3D BRAVIA KDL-32EX720 | ソニー(SONY)
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright (C) 2010-2017 3Dテレビ徹底ガイド by 高橋 All Rights Reserved. (
ドラクエ10 | ドラクエ10 相場 | 無料オンラインゲーム | スマホアプリ | 幼児教育教材 | 私立中学校 | 趣味探し
盆栽・ミニ盆栽 | 盆栽 | LINEスタンプ | トライアルセット | 健康茶 | 副収入 | プリペイド携帯電話 | 占い師
シャンプー | 漢方薬 | 海外旅行 | 海外ドラマ | 栄養ドリンク | 高崎市の美容室 | ビール | 有料チャンネル