3Dテレビ徹底ガイド
3Dテレビの疑問を徹底ガイド。ソニー、パナソニック、シャープのメーカー別情報など。
TOP > メーカー別の3Dテレビ製品情報 >

シャープの3Dテレビ(3D・AQUOS)

世界初4原色パネル搭載の3Dテレビで画質勝負!

発売時期・価格・サイズ・方式
・ 夏頃の発売予定
・ サイズは40〜60型
・ 5月にさらに詳しい情報を発表

方式は全て「フレームシーケンシャル方式」です。

特徴(1) 世界最高峰の輝度!4原色技術を用いた3D液晶
3Dテレビ発売は国内3社目となるシャープですが、「画質に関しては最高レベルの3Dテレビになる」と自信をうかがわせています。その自信の理由は「世界初!4原色技術を用いた3D液晶ディスプレイ(RGB+Y)」です。3色では実現できない「色再現力・高輝度」は魅力的です。

特徴(2) 4倍速液晶+LEDバックライト
3Dテレビの「表示速度の遅さによるブレ」「輝度不足(暗い)」という問題に対しては、ソニーと同じく「4倍速液晶+LEDバックライト」で対応しています。さらに4原色技術を用いることで世界最高クラスの高輝度を誇っています(従来の約1.8倍)。

特徴(3) 液晶のシャープ
シャープと言えば「世界の亀山モデル」に代表されるように、「自社でパネルから組み立てまでを行なう一貫生産による高画質」をセールスポイントにしている企業です。成熟された液晶テレビにおいてその差は分かりづらいものとなっていましたが、さらなる技術力が要求される3Dテレビで、その真価を発揮しようとしています。

特徴(4) メガネなし3D液晶ディスプレイの実績
シャープは携帯電話やノートパソコンなどのモバイル液晶で、いち早く「専用メガネなし3D表示技術」を導入しています。すでに何年も前から実売しているため、3D技術の実用化において他社の一歩先をいく技術を有しています。

管理人のコメント
国内3番目の発売となるシャープの3Dテレビに「それほど魅力は感じないなぁ」と思っていましたが、「世界初となる4原色3D液晶を採用!」ということで一気に興味が高まりました。実際に実物を見てみないと分かりませんが、4原色技術のポテンシャルは非常に魅力的です。

[ ← ソニーの3Dテレビ(3D・BRAVIA) ] [ 東芝の3Dテレビ(3D・REGZA) → ]

3Dテレビの基本情報
メーカー別の3Dテレビ製品情報
3D対応レコーダー&ソフト
3Dテレビの感想・体験談
3DテレビのFAQ
3Dテレビ 人気ランキング ベスト3
1位
40型・0円
3D BRAVIA KDL-40HX720 | ソニー(SONY)
2位
40型・0円
3D BRAVIA KDL-40EX720 | ソニー(SONY)
3位
32型・0円
3D BRAVIA KDL-32EX720 | ソニー(SONY)
[他の運営サイト] コミラン | オンラインゲーム | 私立中学校 | 幼児教育 | カードローン
Copyright (C) 2010-2017 3Dテレビ徹底ガイド by 高橋 All Rights Reserved. (
ドラクエ10 | ドラクエ10 相場 | 無料オンラインゲーム | スマホアプリ | 幼児教育教材 | 私立中学校 | 趣味探し
盆栽・ミニ盆栽 | 盆栽 | LINEスタンプ | トライアルセット | 健康茶 | 副収入 | プリペイド携帯電話 | 占い師
シャンプー | 漢方薬 | 海外旅行 | 海外ドラマ | 栄養ドリンク | 高崎市の美容室 | ビール | 有料チャンネル